ブループリント

ブループリントの存在は、ただの噂とか夢物語ではないのです。
それは、優雅な金色の文字で、巻物のかたちで記録されていました。
でも、私が読めたのはその時以前のことだけで、未来のことは読めませんでした。

私が霊能者だから、自分のことを知るのは許されないのか、それとも私たちの誰一人として未来を知ることができないのかは、はっきりわかりません。
そして、何を願ったかはともかく、もう一つ、寝る前に付け加えることを忘れないでください。
旅を覚えていることができるようにと。
夢と同じで、星の旅も、目が覚めたときには何も覚えていなかったり、断片的な、混乱したイメージだけの時があります。

私の経験から、眠っている間もテープレコーダーを回しておくことをお勧めします。 とりわけ、星の旅を願ったり、あるいは死んだ人に会わせてくださいと祈った時には。

私は催眠術師の免許を持っており、もう25年催眠術のセッションをやっていますが、これはとても価値のある道具です。
過去世への退行催眠だけでなく、潜在意識にアクセスして、そこにしまいこまれた情報を探り出して、人々を助けることもできます。
睡眠と催眠術は、非常に似ています。なぜなら、ともに潜在意識が現れてくるからです。
テープレコーダーを仕掛けるのは、両方に対して有効です。
スピリットガイド■■■
ブループリント■■■

SINCE 2009/09/14
UPDATE 2009/09/14

(C)時空を超えて星の旅をしよう

無料HPスペース
+ accespace.jp +